デパス®を飲み続けると認知症になるのか

旭川市東光の心療内科

あおぞらクリニックの菊地です。

向精神薬の使用量が飛び抜けて少ない心療内科です。

私はデパス®(一般名エチゾラム)を心の中の禁止薬物と決めていますが、

他院で処方されたデパス®を大量に飲んでいる患者さんたちが当院にたどり着き、

その減薬・断薬に協力したことが何度もあります。

長期にわたってデパス®を内服し続けている人を多く診てきましたが、

認知症になるなどという印象は全くありません。

意識が朦朧としている人は何人もいましたが、

あれは認知症ではありません。単なる副作用です。

それと、私は

訪問診療もライフワークとして20年以上続けていて、認知症の患者さんを若い頃から今に至るまで途切れることなく診て来ましたが、

認知症の患者さんたちも、初診時に安定剤を飲んでいる方など稀です。

ですから私の実感としては、

デパス®を含む安定剤が

認知症を引き起こす実感は、あまりありません。

それよりも、

公にはあまり言われていませんが、

安定剤の使用量が増えると、

うつ病によく似た症状が複数出現すると実感しています。

特にデパス®は通常使用量で割とすぐに、

抑うつ、

意欲低下、

思考の遅滞、

判断力の低下、

脱力、

全身倦怠感、

頭痛、

嘔気・嘔吐、

日中の眠気などの症状をきたします。

表情も乏しくなり、

声も小さく、話す速度が遅くなったりもします。

認知症などより、

薬剤惹起性うつ病にずっとなりやすいです。

(2024.01.14.追記)
当ブログへお寄せいただきましたコメントは、責任者である菊地一也自身が他のコンテンツも含めて2次利用させていただくことがあります。予めご了承ください。

【デパス®体験談募集中】
↓↓↓
https://www.aozoraclinic.com/index.php?QBlog-20170122-1

【おしらせ】
当ブログへのコメントは、管理者が投稿に気づいて公開の処理をすると表示されます。返信することをお約束はできません。
公開しないでくださいと書いて送られてくるコメントがありますが、原則公開させていただきます。

あおぞらクリニック

旭川市東光9条6丁目1−13
東光9条5丁目バス停(あさでん)目の前
東光眼科となり
駐車場完備
東神楽東川美瑛深川からのアクセス良好】

電話
0166-33-8600 (平日9:30~12:30)

コメント

  • スルピリドとアカシジア

    適応障害で、スルピリドを50ミリを1日3回飲んでいましたが アカシジアが出たので 減薬してもらっています。今は1日一回にして、2ヶ月位経ちますが まだアカシジアが出ます。先生は、量が少ないので、副作用は、出ないはず。と言っていましたが、1日一回でも、アカシジアは、出ますか?スルピリドを完全に辞めて どの位で、アカシジアは止まりますか?教えて下さい。


  • Re: スルピリドとアカシジア

    >>1
    ご質問ありがとうございます。
    スルピリドの通常使用量ですね。
    それでもアカシジアは結構出ます。
    半分の量で出た方もいます。
    スルピリドを止めても、2〜3週間くらいは続くことがありますが、いずれ止まります。
    幸運をお祈り申し上げます。


  • デパスを飲み続けると認知症になるのか

    デパス(クロナゼパム)を継続して摂取することが認知症を引き起こす直接的な原因ではありません。しかし、長期間にわたってデパスを使用することで、以下のようなリスクがあるかもしれません:

    1. 記憶力や認知機能の低下:デパスは中枢神経系に影響を与えるため、一部の人には記憶力や認知機能の低下が報告されています。長期間の使用や高用量の場合に、このような影響が現れる可能性があります。

    2. 転倒リスクの増加:デパスの使用によって筋肉の弛緩が生じるため、転倒やけがのリスクが増加する可能性があります。転倒による頭部の怪我などが認知症の発症に関連することがあります。

    3. 依存症のリスク:デパスは中程度から強い依存性があり、長期間の使用や過剰摂取によって身体的な依存症が発生する可能性があります。依存症が進行すると、適切な処方や医療監視なしで薬物を中止することが難しくなります。

    4. 他の健康リスクとの関連:長期間のデパスの使用は、他の健康リスクとも関連しています。例えば、睡眠時無呼吸症候群や肝機能障害などの健康問題が報告されています。

    ただし、デパスを正しく処方された用量と期間で使用する場合、認知症を引き起こす直接的なリスクは低いと考えられます。しかし、薬物の使用に関連するリスクを最小限に抑えるためには、医師の指示に従い、定期的なフォローアップを受けることが重要です。


  • エチゾラムの服用について

    軽度のパニック障害で頓服でエチゾラム0.25mgを処方されております。エチゾラムは長期間服用で依存や増量等と聞きますが 1週間に何回服用したらなるのか教えて下さい。


  • Re: エチゾラムの服用について

    >>4
    ご質問ありがとうございます。
    ごく少量でもなる場合がありますが、
    半数以上の方が、
    実は通常使用量の長期使用で依存など生じません。
    ですから人によりますというのが答えになります。
    多くの方が依存や離脱症状をきたさないことが、
    かえって問題を難しくしていると感じます。
    少数派の方々が非常な苦しみを経験することになるのです。



認証コード8339

コメントは管理者の承認後に表示されます。