安定剤を飲みながら働けるかと聞かれました

旭川市東光の心療内科

あおぞらクリニックの菊地です。

向精神薬の使用量が飛び抜けて少ない心療内科です。

実際のところ「精神安定剤(抗不安薬)を飲みながら仕事してる人」は大勢いらっしゃいます。

それは良いのですが、

当院の患者さんのなかにも、

薬を飲みながら働けるくらい調子がよければ、

「治った」と言う人がいます。

でも、そうではありません。

それは寛解

治ったというのは、

薬を飲まずに、普段どおりの生活ができるようになることではないでしょうか?

あと蛇足かもですが、

安定剤が多すぎると、

眠気が強くなったり、

判断力が低下したり、

記憶力が低下したり、

アタマがぼうっとしたり、

意識レベルが低下したりして、

仕事になりやしません。

デパス®を飲み続けると
うつ病薬をやめたら治った
うつ病の誤診から患者さんを救った実話

【おしらせ】
当ブログへのコメントは、管理者が投稿に気づいて公開の処理をすると表示されます。返信することをお約束はできません。
公開しないでくださいと書いて送られてくるコメントがありますが、原則公開させていただきます。
お寄せいただきましたコメントは、責任者である菊地一也自身が他のコンテンツも含めて2次利用させていただくことがあります。予めご了承ください。

あおぞらクリニック

旭川市東光9条6丁目1−13
東光9条5丁目バス停(あさでん)目の前
東光眼科となり
駐車場完備
東神楽東川美瑛深川からのアクセス良好】

電話
0166-33-8600 (平日9:30~12:30)

コメント


認証コード2180

コメントは管理者の承認後に表示されます。