完治と寛解と治癒と全治の違い

用語の整理です。

完治とは治療を終えても、病気の症状が消失した状態。寛解は治療が続いているけれど症状が収まって穏やかな状態。

治癒は完治と同じ意味。

全治は正しくは治療期間を伝える際にのみ使われる用語ですが、しばしば誤って完治と同義で使われていることがあります。

いわゆる言葉のゆれ(肯定派は変化と言い、否定派は乱れと言う)ですね。

将来的には、全治が治癒・完治と同じ意味になっていってしまうかもしれません。

(2024.01.14.追記)
当ブログへお寄せいただきましたコメントは、責任者である菊地一也自身が他のコンテンツも含めて2次利用させていただくことがあります。予めご了承ください。

【おしらせ】
当ブログへのコメントは、管理者が投稿に気づいて公開の処理をすると表示されます。返信することを約束はできません。
公開しないでくださいと書いて送られてくるコメントがありますが、原則公開させていただきます。

コメント

  • 寛解についての個人的な見解

    個人的には完治=治癒を治ったと言い、寛解を治ったとは考えていません。
    しかしながら現実問題として、寛解で仕方のない病も多々あります。現代医学の限界は、あちこちにあるということです。



認証コード5821

コメントは管理者の承認後に表示されます。