途中から双極性障害になった?

旭川市東光の心療内科

あおぞらクリニックの菊地です。

向精神薬の使用量が飛び抜けて少ない心療内科医です。

今日は、

うつ病と診断されて通院し始めたけれど、

途中で双極性障害と言われたという方について。

結構多いのではないかと思います。

どうでしょうか。

次のような経過ではありませんか?

①心療内科受診
②うつ病と診断される
③抗うつ薬を処方される
④しばらくしてから症状が変わって双極性障害に診断が変わる

さらに付け加えるなら、
イライラするとか、理由もなくドキドキするとか、汗をかきやすいとか、そう症状が途中から加わったり、ひどくなったり。

ぴったり当てはまる方は、本物の双極性障害ではないかもしれません。

ほぼほぼ一致する方も注意が必要かと。

そもそも、最初から双極性障害と診断されないのは、なぜなのでしょうか?

不思議ではありませんか?

ご相談は当院まで。

この話には続きがあります。また、そのうち。

あおぞらクリニック

旭川市東光9条6丁目1−13
東光9条5丁目バス停(あさでん)目の前
東光眼科となり
駐車場完備
東神楽東川美瑛深川からのアクセス良好】

電話
0166-33-8600 (平日9:30~12:30)

コメント


認証コード4059

コメントは管理者の承認後に表示されます。