疲労やストレスによるまぶたの痙攣

旭川市東光の心療内科

あおぞらクリニックの菊地です。

疲労やストレスによって起こるまぶたの痙攣に、

本態性眼瞼けいれんがあります。

中高年の女性に多いこともあって、

更年期障害との関連性についても言われています。

昨日記事にした

眼瞼ミオキミアはまぶたの一部分が動くのが特徴でしたが、

本態性眼瞼けいれんはまぶたが勝手に閉じてしまうのが典型的な症状で、

まぶしかったり、涙が出たり、

時には頭痛や耳鳴りを伴ったりもします。

昨日記事にしたもうひとつの病、薬剤性眼瞼けいれんとの大きな違いは、

薬のせいではない、原因になるような薬は飲んでいなという点になります。

ストレスや疲労、更年期障害を扱っている当院の患者さんにも、本態性眼瞼けいれんは合併しうる病です。

あおぞらクリニック

旭川市東光9条6丁目1−13

東光9条5丁目バス停(あさでん)目の前
東光眼科となり
駐車場完備
東神楽東川美瑛深川からのアクセス良好】

電話
0166-33-8600 (平日9:30~12:30)

本態性眼瞼けいれん

コメント


認証コード1508

コメントは管理者の承認後に表示されます。