他のクリニックとの違い

旭川市東光の心療内科

あおぞらクリニックの菊地です。

当院が平均的なクリニックと違う点はいろいろと挙げられます。

たとえば、精神疾患を訪問診療でも診ていることとか。

訪問診療は在宅支援診療所であることをやめたので、格安だとか。

自律神経失調症の治療が、他とは違うとか。

具体的にはグランダキシン®(トフィソパム)は使わない、それ以外のやり方で自律神経失調症を治しているとか。

不眠症には自律神経失調症の治療を併用しているとか。

うつ病には抗うつ薬を使わない、精神安定剤も長引かせるので細心の注意を払って使っているとか。

向精神薬の多剤投与はしていないとか。

安易にうつ病と診断しないとか。

薬で症状を和らげるだけではなく、治す意識が高いとか。

初診時に睡眠薬以外の向精神薬は処方しないとか。

抗うつ薬と別格安定剤デパス®(一般名エチゾラム)とグランダキシン®(一般名トフィソパム)は自分からは処方しないとか(紹介されてきた患者さんがすでに服用している場合は仕方がないので処方していることはあります)。

まだまだあるかもしれませんね。

思い出したら、また記事にしたいと思います。

最新の向精神薬多剤投与に係る行政への報告結果

令和5年3〜6月期の当院の多剤投与は0%でした。

令和5年7月14日現在の抗うつ薬の処方状況

5月以降に受診歴のあるすべての患者さんのうち、

抗うつ薬を服用しているのはたったの3名だけでした。

3〜6月期だと、5名に増えるようです。

あおぞらクリニック

旭川市東光9条6丁目1−13
東光9条5丁目バス停(あさでん)目の前
東光眼科となり
駐車場完備
東神楽東川美瑛深川からのアクセス良好】

電話
0166-33-8600 (平日9:30~12:30)

コメント


認証コード2950

コメントは管理者の承認後に表示されます。