診療科目

特色

ここに注目! できるだけ薬を使わずに治療しています。

向精神薬は使用しないのを理想としています。初診時にはおそらく、睡眠薬以外の向精神薬は処方しません(他院からの紹介患者を除く)。

当院に通院中で向精神薬多剤大量処方の方は1%未満。ほぼ他院からの紹介患者さまのみです。

自律神経失調症の治療をしたら、うつが治ってしまった話はこちら

daigyakuten.net

不穏状態の治療が得意です。訪問診療はいかがですか?

aozoraclinic.info

お車でお待ちいただけます

新型コロナの感染に不安を感じる方のために、直前までマイカーでお待ちいただく対応をとらせていただいています。ひとり前の患者さまが診察室に呼ばれたタイミングで携帯電話等に連絡させていただきます。

新患受付可能です

新患の方はウェブでの予約をご遠慮ください。10時半からの時間帯に新患の予約枠を設けております。ご予約は電話のみにて承ります。 0166-33-8600 (平日9:30~12:30)

向精神薬を服用していない方は紹介状不要です。

外来診療時間

午前の受付は11時締切です

月曜日〜金曜日 午前9時30分〜午前11時30分

眠れない方へ

睡眠はとても大事です。眠れないと本当に辛いものです。不眠症でお悩みの方は是非ご相談ください。ぐっすり眠れると目に映る世界が変わりますよ。朝食も美味しくなります。

ストレスでお悩みの方へ

特に仕事に関するストレスでお悩みの方には、医学的な判断に基づいて必要ならば、一時的な休職療養をお勧めするでしょう。休むことによって救われることは多々あります。命が助かることすらあるのです。恥ずかしいことではありません。ためらわずにご相談ください。

さまざまなハラスメントでお悩みの方へ

パワハラ、モラハラ、セクハラなど。さまざまなハラスメントが原因で体調を崩された方は、お気軽にご相談ください。そのような事例に対して割合得意としております。

発達障害の検査は行っていません

向精神薬を自己判断で増やしたり減らしたりするのは大変危険なことですので、必ず処方した医師と相談してください

主な対象疾患

うつ/不眠症/自律神経失調症/認知症/適応障害/過換気症候群/双極性障害/パニック障害/神経症/不安神経症/心臓神経症/統合失調症/むずむず脚症候群/拒食症/対人恐怖症/さまざまな恐怖症/燃え尽き症候群/過敏性腸症候群/ストレス関連障害

他にも色々あるので思い出したら都度加筆します

所在地など

旭川市東光9条6丁目1−13

東光9条5丁目バス停目の前
東光眼科となり
駐車場完備

電話
0166-33-8600 (平日9:30~12:30)

訪問診療応需

体調が優れない方には訪問診療も行っています。

aozoraclinic.info 楽しく訪問診療中

旭川市内近郊で当院からおおよそ30分以内に自動車で移動可能な範囲にお住まいの方が対象です。

訪問診療は往診とは違って、定期的に継続される診療のことです。

不穏状態の治療が得意です。訪問診療はいかがですか?

aozoraclinic.info

外部リンク

眠れない夜にとるべき行動、とってはいけない行動 - 大塚製薬
不眠症 - e-ヘルスネット - 厚生労働省
自律神経とは?乱れる原因や整える方法を徹底解説!
職場でつらい思いしていませんか?職場のハラスメントの解決を 労働局がお手伝いします
ゆほびかマキノ出版 くらしと健康に役立つ実用情報を提供する出版社
5分でできる職場のストレスチェック - こころの耳 - 厚生労働省
旭川市医師会